「JAGDA新人賞展2019 赤沼夏希・岡崎智弘・小林一毅」が開催

クリエイションギャラリーG8にて、5月 28日(火)から、若手グラフィックデザイナーに贈られる「JAGDA新人賞」受賞者 3名による「JAGDA新人賞展2019 赤沼夏希・岡崎智弘・小林一毅」が開催される。

日本グラフィックデザイナー協会(略称 JAGDA)が発行する年鑑『Graphic Design in Japan』出品者の中から、 39歳以下で今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナーに与えられる「JAGDA新人賞」。今回で 37回目となる今回は、 新人賞対象者 152名の中から厳正な選考の結果、 赤沼夏希・岡崎智弘・小林一毅の 3名が選ばれた。本展では、 3人の受賞作品および近作を、 ポスターやプロダクト、 映像などを中心に展示する。

また、6月 13日にはギャラリーツアー、6月 20日にはトークイベントも開催される。

詳細は公式サイトにて
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/201905/201905.html

赤沼夏希 Natsuki Akanuma
1990年香川県生まれ。 2015年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。 同年、 博報堂入社。
 
岡崎智弘 Tomohiro Okazaki
1981年神奈川県生まれ。 2003年東京造形大学デザイン学科卒業。 アイルクリエイティブ勤務を経て、 ’11年9月よりデザインスタジオSWIMMINGを設立。 グラフィックデザインを基軸に、 印刷物・映像・展覧会など視覚伝達を中心とした領域にて、 デザインの仕事に取り組んでいる。
 
小林一毅 Ikki Kobayashi
1992年滋賀県彦根市生まれ、 大阪府寝屋川市、 神奈川県横浜市育ち。 2015年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。 同年より資生堂クリエイティブ本部を経て’19年5月独立。 ’16年 東京TDC賞、 ’19年日本パッケージデザイン大賞銀賞受賞。

「JAGDA新人賞展2019 赤沼夏希・岡崎智弘・小林一毅」
会期:2019年5月28日(火)~6月29日(土)
時間:11:00 – 19:00
日曜休館 入場無料 
会場:クリエイションギャラリーG8 (東京都中央区銀座8-4-17  リクルートGINZA8ビル1F )
主催:クリエイションギャラリーG8
共催:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会 
協力:グラフ株式会社 福永紙工株式会社

オープニングパーティー
2019年5月28日(火)19:00 – 20:30

トークイベント 「第298回クリエイティブサロン」
2019年6月20日(木)19:10 – 20:40
出演:菊地敦己、 赤沼夏希、 岡崎智弘、 小林一毅
参加無料 定員100名 要予約4/26(金)受付開始(予約はギャラリーWEBサイトにて)

ギャラリーツアー
2019年6月13日(木)19:10 – 20:10
参加無料 定員40名 要予約4/26(金)受付開始(予約はギャラリーWEBサイトにて)

新人賞作品掲載誌
6月発行予定のJAGDAの年鑑『Graphic Design in Japan 2019』巻頭に掲載 (発売:六耀社/予価:16,200円)

Fluorescent ― life with art and design.

「Fluorescent = 蛍光」

アートやデザインが好きな人、アートやデザインに興味がある人。そんな人たちのためのコミュニティメディア「Fluorescent」。

世界中の仲間と、アートやデザインを通して、一緒に楽しみ、そして、真摯に探求しながら「Fluorescent = 蛍光」のような輝く未来を作りたいと私たちは考えます。

編集長:蜂賀亨
運営元:株式会社ヘッズ